ニキビはやっぱり予防が大事

ニキビは大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビがあります。どちらも直接的な原因は角質のカスや皮脂など毛穴に溜まってしまい、そこにアクネ菌が増殖され、そこから炎症が起ってニキビとなっていくわけです。しかし間接的な原因は違い、思春期ニキビはホルンモンのバランス異常から起り、大人ニキビは乾燥肌などターンオーバー異常が原因となります。

思春期ニキビの場合はホルモンが安定すると自然に治ってくることが多いのですが、大人ニキビとなると肌自体改善する必要がでてきますので、ある程度ケアをしていく必要がでてきます。思春期ニキビの場合はいつも毛穴を綺麗にしておくことと、肌の殺菌力を高めておくようにしましょう。しかし大人ニキビの場合もこれらのことはもちろんですが、他にも肌のターンオーバーの改善ができるようにスキンケアをする必要があります。基本的にはどちらも洗顔が基本になってきます。

洗顔の方法や洗顔料によってニキビは予防することができるのです。その上で潤いアップの美容液などのケアをすればもちろんベストとなります。ニキビはただ清潔に脂性肌を綺麗にしておけばいいという間違ったケアをしている人もいます。洗顔を1日に数回もしてしまうなんて、ニキビには逆効果なことばかりやっている場合もあります。そんなことのないように、ニキビのことをもっと知ってニキビ予防をしていくようにしましょう。きちんと予防すればニキビは治らない症状ではないのです。